20.  プログラミング教育 その9 図書館

本校の図書館は、体育館に隣接した独立した建物としてある。高い天井、樹木や草花が植えられた庭に面した大きな窓など、開放的な雰囲気の場所、休み時間や放課後には、分教室の生徒さんを含め、多くの生徒が訪れている。
 そして、その一角に、「プログラミング・コーナー」が設置されている。入門的な絵本から、本格的な専門書まで、プログラミングに関する本が並べられおり、平成31年度の推薦書リストもこの中から選定されている。多くの生徒がこれらの本を手にとって、物事を論理的に考えることの大切さや、プログラミングのおもしろさを感じてほしいと思う。

   

平成31年度推薦書リストから
〇 草野俊彦著「教養としてのプログラミング的思考: 今こそ必要な『問題を論理的に解く』技術」SBクリエイティブ
 日常生活の幅広い分野で活かせる「問題を論理的に解く」考え方を、豊富な実例で解説。
〇 坂巻佳壽美著「トコトンやさしいアルゴリズムの本」日刊工業新聞社
 コンピュータプログラムに限らず、身の回りにあふれる様々なアルゴリズムを幅広く紹介する本。
〇 平山尚著「プログラムはこうして作られる: プログラマの頭の中をのぞいてみよう」秀和システム
 初めてプログラムを作る人を対象に、ゲームの作成を通してプログラムを作ることを体験する本。
〇 吉村総一郎著「高校生からはじめるプログラミング」KADOKAWA
 高校のプログラミング学習教材の一部を書籍化。便利なWebシステムを自分で作るための入門書。
〇 三宅陽一郎、山本貴光著「高校生のためのゲームで考える人工知能」筑摩書房
 ゲーム作りの過程を通して、人工知能を理解するための本。プログラムの作り方が学べる。
 〇 高橋与志著「教えて♪プログラミング: まずはなんとなく分かることが大切よ!  リックテレコム
 スマーフォンのアプリ作成を通して、プログラミングのイメージを掴む入門書。プログラムのコードが一切出てこないため、苦手意識のある方にもおすすめの一冊。
〇 杉浦学、阿部和広著「プログラミングでなにができる?誠文堂新光社
 ゲームやロボット、スマートフォンのアプリ作成などを通して、プログラミングを体験できる本。
〇 リンダ・リウカス作、鳥井雪訳「ルビィのぼうけん:こんにちは!プログラミング」翔泳社
 プログラマーが書いた絵本。問題を切り分けて順序やパターンを考えるなど、問題解決の方法が学べる。

住吉高校の校長室から